So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<普天間>日米声明踏襲 首相、沖縄知事と初会談(毎日新聞)

 菅直人首相は15日午前、首相官邸で沖縄県の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事と就任以来初めて会談した。首相は、鳩山前政権が米国と合意した、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を同県名護市辺野古周辺に移設するとの日米共同声明を踏襲する考えを表明。仲井真知事は「声明は遺憾で、なかなか実現が難しい。極めて厳しい」と述べ、地元の合意取り付けは困難との認識を伝えた。

 会談は首相側からの要請で、約30分間行われた。

 仲井真知事は「民主党は『少なくとも県外』と(昨夏の衆院)選挙やその後も言ってきたが、共同声明で『辺野古』の方向が出て県民の期待が失望にものすごく変わってしまった」と沖縄県内の現状を説明した。首相は「(沖縄の)負担軽減については政府として誠心誠意、努力したい」と述べた。

 会談終了後の閣僚懇談会で、首相は普天間問題について「官房長官を中心に内閣一体で取り組んでいきたい」と改めて表明した。古川元久官房副長官は同日午前の記者会見で、首相が23日に沖縄県主催の沖縄全戦没者追悼式に出席することを踏まえ「まずそこから、首相はじめ内閣として沖縄の皆さんと一緒に負担軽減について努力したい」と述べた。

 一方、仲井真知事は会談終了後、記者団に「まだどういう道筋でまとめようとされるのかよく分からない」と述べ、新政権の出方を見極める考えを示した。【横田愛】

【関連ニュース】
菅首相:普天間問題ノータッチ、鳩山氏の意向で
鳩山前首相:普天間移設の内幕語る 辞任後初のTV収録
普天間移設:「沖縄の理解なくても工法選定」岡田外相
菅首相:普天間移設、出口見えず 「日米合意を踏襲」
鳩山首相辞任:「誰が首相でも合意履行を」普天間で米高官

海賊対処部隊の自衛官死亡=外傷なし、艦内トイレで倒れる(時事通信)
公務員の“高給取り”をどうとらえるか?――人事コンサルタント、前田卓三さん(前編)(Business Media 誠)
ポリ袋かぶせ父殺害 嘱託殺人容疑 17歳息子を逮捕 大阪・鶴見(産経新聞)
首相動静(6月12日)(時事通信)
生活保護費で使途不明金 高槻市(産経新聞)

パン 米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)

 米粉100%でパンを焼く簡単な方法を、食品総合研究所(茨城県つくば市)が開発した。小麦粉や、小麦から作る「グルテン」を使わず、小麦アレルギーの人も安心して食べることができる。普及すれば、米の消費や食料自給率の向上につながる可能性もあるという。米国化学会の専門誌の電子版に3日、論文が掲載された。

 米粉でパンを焼くと生地が膨らまず、餅のように硬くなる。膨らませるにはグルテンを加えるのが一般的で、グルテンなしだと、米粉を細かく砕いたり、増粘剤を加えるなどの工夫が必要だった。

 研究所の矢野裕之・蛋白質(たんぱくしつ)素材ユニット長らは、米粉だけで作ったパン生地1斤分に、肉や野菜に含まれるたんぱく質のかけら「グルタチオン」を約0.75グラム加えて5〜6時間置くだけで、他は通常通りの手順で、ふっくらとしたパンを焼くのに成功した。小麦のパン1斤には、グルテンを作用させるために食塩を約4グラム使うが、グルタチオンだと食塩は不要で、減塩にも役立ちそうだ。

 米粉でパンを作ろうとすると、たんばく質がでんぷんにからんで膨らむのを妨げる。グルタチオンはたんぱく質同士の結合を切り、でんぷんを解放して膨らませるらしい。

 グルタチオンはサプリメントなどに使われ、食品として市販されている。ただし、市販品は塩分が多く含まれ、パンは膨らまない。普及には、塩分を除いたものを大量に作る必要があるという。【高木昭午】

【関連ニュース】
医療ナビ:経口免疫療法 食物アレルギーの新治療法として注目を集める。
八峰白神塩もろみ:使用のメニュー試食会 アレルギー原材料使わず−−八峰 /秋田
住友病院:健やかな子育てを 来月12日、大阪でセミナー

帆の完全展開、8日以降に=宇宙ヨット「イカロス」―宇宙機構(時事通信)
<雑記帳>東尾さんらに ベスト・ファーザーin関西授賞式(毎日新聞)
鳩山首相辞任 最後まで“宇宙人” 目うるませ「不徳のいたすところ」(産経新聞)
鳩山首相 辞任に伴う記者会見開かず(毎日新聞)
首相、苦しい心情吐露 「身を粉にしているが理解されない」(産経新聞)

平城宮東院庭園など特別名勝に 文化審議会答申(産経新聞)

 文化審議会(西原鈴子会長)は21日、日本庭園の原型とされる平城宮東院庭園(奈良市)を特別名勝に指定するよう川端達夫文部科学相に答申した。庭園の中心にある池は、当初、中国などから伝わった直線的な技法で造られたが、なだらかな曲線を備えた日本独自の様式に造り替えられた。 また、長州藩と4カ国連合艦隊による幕末の下関戦争の舞台となった「長州藩下関前田台場跡」(山口県下関市)など8件を史跡にすることなどを求めた。

 また、山部赤人の短歌に詠われた干潟、島嶼(とうしよ)などからなる「和歌の浦」(和歌山市)など2件を名勝に、およそ4000年前に噴火した火山「大室山」(静岡県伊東市)など3件を天然記念物にそれぞれ指定するよう答申した。答申はいずれも近く認められる見通し。

 主な答申は次の通り。

 【特別名勝】平城宮東院庭園(奈良市)

 【名勝】和歌の浦(和歌山県和歌山市)▽円月島 高嶋(和歌山県白浜町)

 【史跡】長州藩下関前田台場跡(山口県下関市)▽小峰城跡(福島県白河市)▽常陸国府跡(茨城県石岡市)▽大町釈迦堂口遺跡(神奈川県鎌倉市)▽阿波遍路道 鶴林寺道 太龍寺道 いわや道(徳島県阿南市、同勝浦町)▽妙見山古墳(愛媛県今治市)▽熊本藩川尻米蔵跡 外城蔵跡 船着場跡(熊本市)▽小湊フワガネク遺跡(鹿児島県奄美市)

 【天然記念物】大室山(静岡県伊東市)▽多度のイヌナシ自生地(三重県桑名市)▽ヤクシマカワゴロモ生育地(鹿児島県屋久島町)

【関連記事】
養翠園のカキツバタ咲かず 春の寒さ原因?
1300年の都をJR特急が21年ぶりに走った
慈悲の花咲く法華寺で、ふっくらとした光明皇后に出会う
小学生が新茶摘み体験 高松・栗林公園
「江ノ島」など藤沢の景観ベスト10を選定
中国が優等生路線に?

ワクチン接種、25日にも完了=家畜処分地「国も費用負担を」(時事通信)
<普天間>社民党が政府案反対方針で一致 福島氏沖縄訪問へ(毎日新聞)
元朝青龍関を聴取=男性への暴行問題―警視庁(時事通信)
<東京工業大>教員が大学院入試成績入りハードディスク紛失(毎日新聞)
「政権の方向に従って」=前原沖縄相、福島氏に苦言(時事通信)

「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し(読売新聞)

 宮崎県内で被害が拡大している口蹄疫を巡って、農林水産省が最初の感染疑い例を確認した3週間前の3月下旬、同県家畜保健衛生所が、感染した水牛を診察しながら発生を見逃していたことがわかった。

 同省などによると、同県都農町で水牛を飼育する農家から、かかりつけの獣医師を通じ、県家畜保健衛生所に「水牛が発熱している。牛乳の出も悪い」という連絡があったのは3月31日。

 この日のうちに同衛生所の職員は立ち入り検査を実施し、4頭の水牛に発熱や下痢などの症状が出ているのを確認した。しかし、「普段の下痢」と判断して口蹄疫の可能性を疑うことなく、通常の風邪の検査をしただけで、同省にも報告しなかったという。

 この水牛農家から南東に600メートル離れた繁殖牛農家では4月9日、口の中がただれた牛が1頭見つかった。同衛生所はこの時も口蹄疫と見抜けず、20日に「最初の感染事例」として発表した。このため最初の水牛についても22日に血液の遺伝子検査を行った結果、ようやく23日に口蹄疫の感染疑いが判明したが、この時点で既に5例の感染(疑い含む)が発覚していた。口蹄疫の検査結果は通常、1日か2日で判明するため、もし3月末の段階で実施していれば4月初旬には拡散防止対策がとれたとみられる。

 口蹄疫は、早期に家畜の移動制限などを講じる必要があり、口蹄疫に詳しい後藤義孝・宮崎大教授(家畜微生物学)は「県が3月の時点で徹底した消毒などの対策を取っていれば、ここまで感染は広がっていなかった可能性がある」と指摘している。

「責任能力問題なし」の鑑定結果を証拠採用 セレブ妻バラバラ控訴審結審、判決は6月22日(産経新聞)
民主、甘利氏の懲罰動議提出 自民は猛反発(産経新聞)
<乗鞍スカイライン>除雪終え半年ぶり開通 岐阜・高山(毎日新聞)
フジテレビ、消毒せずに地元住民に取材しトラブルに(スポーツ報知)
捜査員同宿「違法の疑い」=殺人の無職男裁判員裁判−大阪地裁(時事通信)

千歳基地 電気工事で収賄容疑、空自技官を逮捕(毎日新聞)

 航空自衛隊千歳基地(北海道千歳市)の電気設備の保守業務の業者選定に絡み、便宜を図った業者から約200万円を受け取ったとして、北海道警は11日、防衛省技官の空自第2航空団業務群施設課職員、平方雄二容疑者(54)=千歳市北光5=を収賄容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、航空団が06年8月に発注した電気設備の部品交換や保守点検事業で、千歳市内の電気設備業者に非公開の概算価格を漏らすなどし、その見返りとして同年12月に市内で現金約200万円を受け取った疑い。事業はこの業者が受注した。業者側は現金供与を認めているが、昨年12月に贈賄罪の時効(3年)が成立している。

 平方容疑者は05〜08年、施設隊企画係長として基地関連工事の発注や物品納入で設計や仕様の選定を担当し、予定価格の積算業務にも携わっていた。

 道内の防衛関連施設を巡っては、08年2月に旧札幌防衛施設局(現北海道防衛局)の帯広市の出先機関の職員が、工事の入札で業者に予定価格を教える見返りに現金200万円を受け取っていた贈収賄事件が摘発されている。【久野華代、金子淳、片平知宏】

 ◇平方容疑者、企業に顔が広く

 専門職の技官として公共工事の発注業務などに当たっていた平方容疑者。民間企業にも顔が広く、癒着を懸念する業者もあった。

 地元関係者によると、平方容疑者は元空自隊員。電気関係に詳しく、若いころは休日に地元の電気工事会社を手伝うこともあった。今の職場でも、業界同士の集会によく顔を出していたという。

 市内のある電気工事業者は2年ほど前、「地元に顔が利く人だ」と同業者から平方容疑者を紹介された。明るくにぎやかで「名前を売るのが得意だった」と振り返る。一方、繁華街では業者と一緒にいる姿がたびたび目撃されていた。別の業者は「技官と業者が飲むなんてあり得ず、危ないなと思ったことは何回もある」と話す。

 平方容疑者は逮捕前の11日朝、自宅前で毎日新聞の取材に「(業者に便宜を図ったことは)したことがない。現金を受け取ったこともないし、接待もない」と話していた。【円谷美晶、金子淳】

【関連ニュース】
幸田町議汚職:贈賄側の売却益7億円 愛知県警
汚職:贈賄業者が経営再建狙い幸田町議に工作依頼か 愛知
幸田町汚職:容疑の町議 弟から報酬、一部受領
全国町村会:新会長に藤原・長野県川上村長を選出
訃報:安藤忠恕さん69歳=前宮崎県知事 汚職事件上告中

「おむつなし」で育児に自信 排泄サインで通じる気持ち(産経新聞)
新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
<太宰治賞>今村夏子さんの小説「あたらしい娘」が選ばれる(毎日新聞)
道路脇に男性遺体=死体遺棄容疑で捜査−愛知県警(時事通信)
高卒限定の介護雇用事業―北海道釧路市(医療介護CBニュース)

<山崎宇宙飛行士>「ママ、お帰り」家族ほっと(毎日新聞)

 「ママやったね。お帰りなさい」−−。山崎直子さん(39)が無事、地球へ帰還した。15日間の奮闘を、家族や友人、同僚たちはほっとした気持ちで迎えた。

 山崎さんの夫大地(たいち)さん(37)と長女の優希ちゃん(7)は、ケネディ宇宙センター内の滑走路でスペースシャトルの帰還を見守った。

 大地さんは「最高の朝日に照らされて目の前を猛スピードで駆け抜けていくシャトルの姿はものすごく格好よく、そして本当に素晴らしい着陸でした。今はただただ心からほっとしています。妻には『お帰りなさい。本当に長い間よくがんばりました。お疲れ様でした』と言ってあげたい」。また、優希ちゃんも「ママの夢がかなって宇宙から無事に地球に帰ってきてくれてとてもうれしい。おうちに帰ったらいっぱい宇宙のお話を聞きたいです。いつか、パパとママと優希で宇宙にも行ってみたい」とのコメントを寄せた。

 ◇JAXAでも歓声

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の情報センター「JAXA−i」(東京都千代田区)では、家族連れや関係者ら約80人が大型画面で帰還を見守った。滑走路に近づいたディスカバリーが映ると「わあ」と歓声が上がり、着陸を確認した後、ほっとした表情で拍手を送った。

 打ち上げ時も同センターを訪れたという東京都北区の石井杏吏(あんり)ちゃん(7)は、テレビなどで山崎さんの活躍の様子をずっと見ていたといい、「無事着陸してよかった。私も宇宙に行きたい」と笑顔で話した。

 山崎さんが宇宙で着た和服の染色を担当した舞踏家団体「菊の会」の中村容子さん(32)は「重要なミッションを終え、無事に帰ってきてくれた山崎さんに、心から『ご苦労様でした』と伝えたい。日本の文化を宇宙から世界に発信してくれたことにも感謝しています」と語った。【奧野敦史、大場あい】

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:地球帰還、20日に延期…気象条件悪く
山崎直子さん:宇宙で刻む家族の歴史
山崎宇宙飛行士:ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ
山崎直子宇宙飛行士:アームを操作しシャトルの機体点検
山崎直子宇宙飛行士:アーム操作し帰還に向けシャトル点検

辺野古埋め立て、首相が全面否定 政府はくい打ち方式の浅瀬案検討(産経新聞)
<掘り出しニュース>親子タケノコ、府中で見つかる (毎日新聞)
<温泉>鉱石入れても濃度基準下回る ネット通販商品テスト(毎日新聞)
HPVワクチン接種者の平均年齢は31.4歳(医療介護CBニュース)
ボルネオ 「恋のヤリ」突き刺すナメクジなど発見…WWF(毎日新聞)

花瓶に込められた友情…蒋介石と根本元中将(産経新聞)

 蒋介石の恩義に報いるべく台湾存立の戦い「金門戦争」に身を投じ、その貢献が戦役から60年を経て公式に認められた根本博・元陸軍中将。蒋介石ゆかりの文書や遺品の数々を掘り起こすと、根本元中将との間に築かれた信頼関係や友情を読み取ることができる。

 「わが国が一番苦しい時に日本の友人、根本さまたちにしていただいたことは永遠に忘れません。わが国には『雪中に炭を送る』という言葉があります。一番困ったときに根本さまたちはそれをやってくれたのです」。昨年10月、「金門戦争」から60年の記念式典で台湾国防部の黄奕炳常務次長(陸軍中将)は根本元中将の関係者にこう語り功績をたたえた。

 当時の根本元中将の行動に、日本ではバッシング報道が目立った。国会でも問題視され、台湾でもその存在や活躍ぶりは秘され続けた。

 米国・スタンフォード大学フーバー研究所に保管されている「蒋介石日記」をみると、蒋介石の根本元中将への信頼が読み取れる。

「與日人根本博談話、討論組織反共義勇軍事」(日本人根本博と話し反共義勇軍の組織について討論した)=1949年9月2日付

 台北市にある蒋介石の顕彰施設「中正紀念堂」には蒋介石が大切にしていた花瓶が飾られている。通常花瓶は2個で1セットだが、展示された花瓶は1個だけしかない。蒋介石は47年、3セットを作らせ、1セットを英国エリザベス王女のご成婚の慶事の祝いに贈り、もう1セットを日本の皇室へ贈った。そして手元に置いた最後の1セットのうちの1個を「これはあなたと私がいつも一緒ということ。常にそばにいてお互いに忘れないという意味で贈ります」といって帰国する根本元中将に贈ったのだった。

【関連記事】
台湾存立の戦いに貢献した根本博元陸軍中将、台湾国防部公式に功績を認める
【国際情勢分析】台湾・国民党が背負う歴史の十字架
「人民の敵」人気沸騰? 中国で蒋介石ブームの謎
南造雲子ってだれ? 中国語版グーグルで検索すると…
甘い鳩山東アジア共同体構想 「人民元の海」本格展開へ

<雑記帳>TAKAKOさんが北海道コスメ大使に(毎日新聞)
偽装献金事件 首相「来週にはすべて決着」(産経新聞)
こちらのシャトルは現役続行=北九州市〔地域〕(時事通信)
仕分け第2弾で制度改革へ=蓮舫氏、外国特派員協会で会見(時事通信)
<日本本土初空襲>忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)

<21世紀臨調>鳩山首相に提言提出 政権機能の二元化批判(毎日新聞)

 有識者らによる「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)が16日、夏の参院選に向けて「政権選択時代の政治改革課題に関する提言」をまとめ、鳩山由紀夫首相に提出した。鳩山政権は政策決定を首相率いる政府、国会対策や選挙などは党務として民主党の小沢一郎幹事長が仕切る役割分担を行っているが、提言は「政権機能を分離・二元化したことがさまざまな混乱を招き入れている」と批判。政府・与党の指導体制を首相のもとに一元化するよう求めた。

 提言は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題などを念頭に「首相の指導力が国民から疑問視され始めている」と指摘。「政策、人事、国会などの政権運営全般を首相が統合することが、あるべき政治主導の姿」として、鳩山首相と小沢幹事長の「二重権力」状態を解消するよう促した。21世紀臨調共同代表の佐々木毅学習院大教授は記者会見で「政党が組織としてきちんとしたものにならないと政権交代の時代にやっていけないというのが基本メッセージだ」と説明した。

 提言は参院選へ向け民主党のマニフェスト(政権公約)について「見直しが必要なら理由を示して修正すべきだ」と指摘。政府側は厳しい財政状況を踏まえ修正に前向きだが、小沢氏は慎重姿勢を示しており、首相の指導力で打開するよう求めたといえる。

 民主党が政策調査会を廃止したことも「政策は内閣で扱い、党は必要ないというのは短絡的」と批判し、復活を求める同党内の動きに同調した。【大貫智子】

 21世紀臨調の提言要旨は次の通り。

 <内閣運営と政党のあり方>閣議を実質的な政策討議の場に変える▽公共事業の個所付けなどで政と官の役割分担のルールを確立する▽政策、人事、国会運営など政権運営全般を首相が統合し、政府と与党の指導体制を一元化する▽民主党は総選挙のマニフェストを検証し、見直しが必要なら修正を行う

 <国会・地方議会のあり方>予算委員会で歳入・歳出の細目を審査し、特に予算執行の検証を充実させる▽衆参法制局など国会の調査立法機能の強化▽13年に衆参同日選挙を行い、両院制度の見直しなどの憲法改正を行うことも視野に入れる▽地方議員選挙を政党本位にするため小選挙区制または比例代表制を導入

 <選挙及び政治資金制度のあり方>腐敗防止の規制を維持しつつ選挙運動は原則自由化▽選挙区単位の政党支部への企業・団体献金を禁止▽税制優遇など個人献金の促進▽政党交付金の配分を野党、少数政党に実質的に割り増しする

【関連ニュース】
社民党:民主党の強行採決に異論 幹部会で慎重審議求める
日韓議連:新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から
水俣病:鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で
普天間移設:連立内から「5月末は無理」
民主党:参院選「与党過半数割れ」危機感

村木被告の元上司、小豆島町長に初当選(産経新聞)
「男性に振られて誰でもいいから傷つけたかった…」 通行人切りつけた女性を逮捕(産経新聞)
<川崎死体遺棄>白骨遺体に傷(毎日新聞)
東京、横浜などで降雪…41年ぶりの遅さ(読売新聞)
両陛下が宝塚の公演ご覧に 陛下は52年ぶり(産経新聞)

神奈川県不正経理、元職員2人を詐欺容疑で逮捕(読売新聞)

 神奈川県の不正経理問題で、県警は8日、県政策総務課の元専任主幹・吉田伸一(58)(横浜市港北区日吉本町)と元副主幹・木村仁(50)(同県松田町松田惣領)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、両容疑者は2004年3月〜05年3月の間、共謀し、私的流用する目的で、事務用品などを購入したとする架空の伝票を提出し、出納課職員に計約4000万円を、取引業者の口座に振り込まさせた疑い。

 県警は8日午後、詐欺容疑で県庁の関係部署に捜索に入った。

 県は昨年12月に両容疑者ら元職員3人を詐欺容疑で刑事告訴し、今年1月にいずれも懲戒免職処分としていた。もう1人については、引き続き捜査を続けるとしている。

<雑記帳>忍者衣装で辞令…「忍者の里」の伊賀市長(毎日新聞)
<放鳥トキ>佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
国際化学オリンピック 日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)
練習船、咸臨丸航跡追い“海”横断(産経新聞)
<鳩山邦夫氏>新党参加は見送り(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。